このところ ご無沙汰しております。

前回もお話しましたが、 私自身は 左足を怪我して、しばらく正座できず大変でしたが、 
家族にも整形外科通いの者が続出しています。

そんな 怪我続きの中、現場は進行し 完成していきます。

今回の現場は、 一本のお問い合わせの電話からはじまります。

お客様 「ホームページを拝見したのですが、既存テラスの目隠しの施工はできますか?」
と言うご相談。

私 「実際の状況を拝見させて頂かないとわかりませんが、色々方法がありますよ。」
とお答えして、すぐに現場を拝見。


実際拝見した現場では、 物を落として屋根材を割ってしまっていたことと、 屋根材のたわみによる
太陽光の反射で、 建物の外壁を傷めてしまっていたことでした。

私としても、 初めて見る光景でしたので、 なぜ外壁を傷める程の光(熱)が発生したのかがわからず、
すぐさまメーカーに問い合わせて回答を待ちました。

結果、 メーカー側も始めて聞く クレームであった為、 前例スも無く 対処方法も見つかりませんでした。

その為、 自分で解決策を探ることとし、 色々な屋根素材を持ち 現地でお客様とお話しを積み重ねた結果、
ある屋根素材に張り替える事での 解決を試みました。

その素材とは ・・・・・ 熱線遮断FRP製の屋根材です。


たぶんこれでいけるだろうと確信を持ち、お客様にも同意を得ることができました。 

その結果のご褒美として、この屋根の張替え工事の他に、 2階バルコニーに設置する、
積雪対応型の新設テラスのご注文を頂戴しました。


それでは、 施工前と施工後を ご覧下さい。


DSCF2393.JPG

DSCF3130.JPG


二階のバルコニーから見た、 屋根の状況です。

古いアクリル製の屋根材は、割れて痛んでいました。

そして同じフレームに、 新たに熱線遮断FRP製の屋根材を張りました。


DSCF2384.JPG

DSCF3162.JPG


テラス下より、 上部の屋根を仰いで見上げました。

古いアクリル製の屋根材は、約9年の歳月で痛み、汚れていました。

そして、 新たに熱線遮断FRP製の屋根材を張った状態です。

光がやわらかくなり 拡散しています。 汚れも見えなくなり、明るく清潔な状態となりました。


DSCF3144.JPG

DSCF3142.JPG


ご褒美としてご依頼いただいた、 2階のテラス屋根です。

もちろん、 こちらのテラス屋根も、 熱線遮断FRPを採用しました。

また今回は、 積雪100cm対応タイプのテラスである為、 垂木や梁が 太くて 頑丈です。

さすが 多雪地であり、 積雪を良く知る、 北陸のエクステリアメーカーさんです。

とても綺麗に収まり、 お客様にも とても喜んで頂けました。

お客様のお悩みを、 一生懸命努力して解決して差し上げられると、 ご褒美が付いてくる。 
と言うお話しでした。


めでたし めでたし。





と言うことで、当社は土木主体の外構工事や、草花や樹木を扱うガーデン工事のみならず、 

お客様の住環境に配慮した、 エクステリア = アルミ工事も 得意な会社です。 

たまには このような積雪対応のアルミテラス工事も 手掛けます。

それぞれを、 独自のデザイン思考で バランスよく プランニングして、 日々 設計・施工・監理
の業務をさせて頂いています。

きっと お庭で悩んでいる皆様の、 お役に立てるものと 思っております。

是非一度 ご一報下さい !!





さぁ 10月も後半に差し掛かりました もうすぐ冬です !!  


さぁて 急いで冬仕度 しなくては、


年内のガーデン&エクステリア工事  緊急ご相談会 を開催しております !!

年内に ある程度完成したい方 お急ぎ下さい !!


また、 来年に お庭工事を予定したい方、 この機会にご相談下さい。 

お庭の話や 余談話しを 沢山??  致します。

週末は込み合いますので、 早めにご予約ください お待ちしております。




豊かな緑 やすらぎの空間づくり 2008




 (有)MSエンタープライズ  

     TEL 026−222−7212
 






この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL

http://blog.sakura.ne.jp/tb/21848884

この記事へのトラックバック